スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒饅頭

私の母は85歳で、酒饅頭を作るのを何よりの楽しみにしています。
作った饅頭は近所の方、親戚、子供達にあげて喜ばれています。
この技を誰か引き継いでくれないかと常々言っているので、
今回我家でワイフと挑戦することにしました。
糀を醗酵させて作った酒(ドブロクのような液)を母からもらってきました。
酒をボールにあけ、小麦粉少々と砂糖を大匙一杯入れてかき混ぜて待つと、
酒が醗酵してきてブツブツいってきます。
ここで小麦粉を少しずつ入れながら練り上げ耳たぶ位の硬さにします。
これを饅頭の大きさに千切り餡子を入れて型を整え醗酵するのを待ちます。
醗酵して来ると饅頭の表面がツルツルになってきます。
これを蒸器で蒸して出来上がりです。
下の写真を見て下さい。

酒まんじゅう1
型を整え醗酵するのを待っているところです。

酒まんじゅう2酒まんじゅう3
出来上がりです。今回は大きさがまちまちでした。
スポンサーサイト

初収穫

7月30日 畑の状況がどうなっているか見に行ったところ、
作物が分らなくなるほど夏草が生い茂っていました。
これでは余りにもかわいそうなので、草取り開始。
この日は暑さが半端でなく、汗で野良着が瞬く間にグッショリ、
草を取りながらオクラを見たら収穫できそうな大きさのものが
5・6本付いていました。
草取りが一段落付いたところで収穫しました。
夜食べたところ、自分で作ったからか格別美味しく感じられました。

これからトウモロコシ、キュウリ、落花生どうなることやら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。